フィリピンでスクーバーダイビングのライセンス取得!泳げない私ですけどまた海に潜りたい!

Pocket

さて昨日の、スクーバーダイビングのライセンス取得の続きとなります。

2日目は早朝7時から海に潜り、ライセンス取得するにあたりクリアしていかなければならない課題をテストしていきます。

ボートからのバックロールエントリーや、水深18メートルまで潜る。

水中でゴーグル外し、ウエア(ボンベが付いているジャケット)外し、そしてそれをまた着ける、着る。

などの課題をひとつひとつクリアしていかなければなりません。

簡単のようで難しい・・・

耳抜きを何度もしながら18メートルまで海底へ進むと、とても不思議な世界を見ることができます。

海底は夢の世界です

海底は夢の世界です。

魚がいっぱいで海底は夢の世界です

テレビでしか見たことのない「海牛/sea slug」も肉眼で見ることができました。

ダイビングで見た海牛

この海牛、約1センチ〜2センチ弱しかない小さな小さな海牛です。

50センチ以上はある超巨大シャコ貝もウミガメも見ました。

どれもが感動で、海の中にいることを忘れてしまいます。

徐々にテストもクリアし、少し余裕ができたのかOKなんかしちゃっている私。

海底でピースができるほど余裕ができました

貴重な海の中の写真を撮ってくれているKくん!

本当に感謝ですね。

午後はダイビングの筆記テスト。これもクリアできればOK!

バタンガスのダイビングスクール(サマークルーズ海の家)では、ダイビングライセンスを取るのに必要な期間は2日間。

マンツーマンですので、日本人には日本人のインストラクターの先生が丁寧に指導してくれます。

お料理も美味しくサービスも最高、宿もオーシャンビューでロマンティック♪

そして、無事ライセンス取得できました!追試しちゃいましたけど。

泳げない私に丁寧に教えていただき、これもインストラクターの先生の

とても良いサポートのおかげと思っています。

フィリピンバタンガスのSan Luis/サンルイズという街にあるサマークルーズ海の家

フィリピンでダイビングライセンスを取得したい方は、バタンガスのサマークルーズ海の家へいかがでしょうか。

そして2日間のライセンス代は、16,000ペソ(日本円で38,000円)
※講習費、Cカード申請費、宿泊、食事、タガイタイF2F学校前までの往復送迎を含みます。

この料金は、この学校に通っている生徒の価格となります。

個人で行く方はお問い合わせしてみてくださいね。

恐怖心もなく、ひとつひとつ課題をクリアし、そしてその中でも楽しさを教えてくれ、初めて海に入った私を指導してくれたインストラクターの先生方がいたからこそ合格できました。

「あ〜また行きたいな!」と思わせる指導の仕方にもプロの技が見えます。

結果!私は、信じられないほどすごくダイビングが楽しかったです♪

海に泳ぎに行きたいな!ではなく、ダイビングしに行きたいと思える自分がいてビックリです。海外でダイビングする潜るなんて思ってもいませんでした。

講習のビデオに出てきた面白い言葉
The fish does not stop breath.
(魚は息をとめない)

うんうん、講習でも言っていた。

けして息を止めてはいけません!と。