フィリピン留学で海外の病院も初体験、海外旅行保険は入ってたほうがいいですね。

Pocket

一週間前にバスルームで転び脇腹を負傷したのが日に日に痛み出し、

今日午前中の授業をお休みして病院に連れて行ってもらいました。

病院ということで専門用語もあるため、しゅんくんとタガログ語が話せるフィリピン人のティーチャーのラニにも付いてきてもらい行ってきました。
タガイタイホスピタルへ行ってきました
学校から一番近いタガイタイホスピタルへ。

ここの病院は意外と綺麗で少し安心♪
タガイタイホスピタルの病院内は綺麗ですね
ここの病院は、タガイタイでは一番大きく安心できる病院とのこと。

クリスマスツリーも飾られ病院内はとても綺麗でしたよ。

さて私は骨に異常があるため、レントゲンを撮らなくてはなりません。
レントゲン室はちょっと日本と違うね
もうドキドキで緊張しまくりです。

どうなのでしょう。古いのかこれが普通なのかはわかりませんが、

レントゲン室はこのような感じ。
フィリピンの病院で使用しているレントゲン代は古いのかな
あっという間に撮影終了!

結果は来週の月曜日。また来なくてはならなくなりました。

やはり海外の処方箋は全部英語。
処方箋も英語だね
あっ、そういえばもちろんのことなのだけれど、ドクターも全部英語。

しゅんくんが付いてきてくれたのでなんとか通じましたが、こういう時に英語が話せないと大変ですね。

専門用語もあったりするし。

そして今日は薬だけもらってきました。
薬の袋はエコ袋
見てください。薬の入った袋。

エコでしょ♪

全然関係のない他人の処方箋やお会計が書いてある紙で袋を作っているんです。

面白いね。
カラフルな薬でちょっと心配
薬はとてもカラフル。

この薬がとても効く。すごく元気になりました。

そして一緒に行った生徒のHくん。
お尻に注射されて耐える姿
病名は定かではありませんが、どうやらお尻に注射された様子。

凄く痛いらしく、痛みと戦うHくん。ごめんなさい、笑えます☆

海外での病院は初めてで緊張しましたが、意外と日本と変わらないかも。

とりあえずそんなに高額ではなかったので、保険を使わず現金でお支払いしてきましたが、料金全部合わせて2,000ペソ(5,000円)掛からなかったかな。

このような事態には海外保険は必要ですよ。

The hospital is tense.