英語の授業の場所は教室だけじゃなくてベランダや道路とか自由なんです。

Pocket

私がお世話になっているFace to Faceの語学学校&宿舎は、レンガ色のお洒落な建物。

現在、9月17日の生徒数はすべて日本人で8名(17歳〜45歳)

先生はアメリカ人2名、フィリピン人6名の計8名の先生がいます。

レンガ色のお洒落な学校
今は生徒数が少ないので、この学校だけで大丈夫なのですが、実はもう2校存在するのです。

10月、11月には生徒数が ドンっ と増えますので、来月からは3校の校舎で授業を受ける事になりそうですね。

ところで、この学校に来てから???不思議だな〜?と思った事がありました。

語学学校の授業しているイメージってありますよね。

普通、教室で勉強すると思うじゃないですか。

フィリピン留学はマンツーマンだから、授業の場所も自由なんですかね?

ここFace to Faceは少し変わってる・・・

ベランダに出て授業をしたり、
ベランダでも授業します

外に出てお散歩しながら授業したり、
外でもお散歩しながら授業
不思議に思いません?

これは生徒が「今日の授業はここでやりたい」

「コンビニまで歩いてやりたい」

など、生徒の希望で授業場所を決める事ができるのです。

ちなみに、私のように1人部屋の生徒さんたちは大概自分の部屋で授業を受けます。

2人、3人、4人部屋の生徒さんは、必ずだれかがお部屋を使ったり、

勉強していたり、またはお昼寝していたりするのでこのように自由に決められるのです。

私が想像していた語学学校の授業しているイメージとは全然違いましたね。

毎日楽しく勉強ができる環境、とても素敵です♪♪

But English is difficult, isn’t it?