フィリピンでは手で食べます、カマヤンスタイルと言うようです。

Pocket

今日は日曜日。

シェフのマニュエルがお休みなので、生徒&ティーチャーAngelaとみんなでランチ。

ちょっと離れた場所へはこのジープニーに乗って移動します。

ジープニーに乗って移動

いつもはこのように後ろに乗っているのですが、今日は運転手が「Come here」と言ったのかは不明だが、呼ばれたので助手席へ乗ってみた♪♪

ジープニーは普段後ろに乗る

実は一度でいいから助手席に乗ってみたかったんだ〜♪Lucky☆

ジープニーに乗って移動

遠慮などなく、パシャパシャ写真を撮る私。

後に判明したのが、運ちゃんはとてもお腹の大きいおじちゃんでした。

ジープニーに乗って移動隣に乗ってみた

ジープニーに乗ること約5分。

着いた場所は意外と人口密度の多いタガイタイのMendes(メンデス)という街。

ジープニーに5分ほど乗ると着くメンデズ

フィリピンの人たちも大好きというINASALへ。

前回はINASALでハロハロ食べたけど、今日はメインのチキンを♪

inasalでランチ

チキンとご飯のみ。ジュースも付いて109ペソ(265円位)

むちゃむちゃ安いです。

シンプルだけどボリュームありそうね。

inasalでランチ

さて、これはどうやって食べるんだい?

周りのフィリピンの人は手で食べてる。なんとっ!生徒のMくんも手で食べているではないか!

これカマヤンスタイルって言うそうです。

フィリピンのタガログ語では、「手」が「カマイ」、「手で取る」が「カマヤン」という意味。

だから、手で食べることをカマヤンスタイルって言うようです。

チキンをカマヤンスタイルで食べる

隣に座っているHくんまでカマヤンスタイル。

INASALでカマヤンスタイルで食べる

「これが普通の食べ方です。スプーンとナイフじゃ限界がありますよ」

すると女性 Eちゃんまでもがカマヤンスタイルで(⌒-⌒; )

すみません、私はスプーンとフォークで食べさせていただきました。

今度は大きなバケツを持った店員さんが、トレイの中にご飯をのせてくれた。

ごはんのおかわりができるんです

INASALではご飯のおかわりが無料なんですって。

男性陣は4、5杯もおかわりしてました。

肝心のお味はといいますと、普通に美味しいです。

3種類のソースがあり、これを好みでかけて食べるのでパンチがありますね!

また行こっと☆

今日からみんなに言いながら覚えている英語が、
You finally got up.
Did you stay up late last night?