息子と同い年の17歳の留学生から教わる英語が凄くわかりやすい

Pocket

Face to Faceには17歳の高校生がいる。

私の息子と同い年の彼は日本の高校を辞め、ここで英語を勉強し今年フィリピンの大学を受験するのです。

見た目は17歳の高校生。でも大人の中にいるからなのか、話し方もとてもしっかりしている。

昨日「なぜ英語が話せない?」と、頭を抱える私に英語を教えてくれた。

それがこれ↓

17歳の勉強方法はすごい
「日頃よく使う英語を覚えてそれを使っていきましょう」

「これは一番簡単です」

I want an apple. 私はりんごが欲しい。

I want to のtoを付けただけで、私は〜したい。になります。

なので『I want』だけを覚えておけば、「私は〜が欲しい」と「私は〜したい」の2種類が言えますよ。と。

おっ!なるほど!

I’m study. 私は勉強します。

ingを付けるだけで、

I’m studying. 私は勉強しています。

「私は〜します」「私は〜しています」の2種類が言えますよ。

彼曰く「僕こういうの発見するの好きなんですよ〜見つけたとき楽しくないですか!」

「それと、こういうのを人に教えるのも好きなんです!」

と、笑顔で話してくれました。

17歳とは思えない。しっかりしてるよね。

でも確かにね、こんなに簡単なのをなぜ気がつかなかったのだろう。

しっかりわかりやすく教えてもらったので、単語を変え早速今日から使ってみました。

あははっ☆話せました♪♪

フィリピンティーチャーに、しゅんティーチャー、そしてはじめティーチャーまで加わり、至れり尽くせりの環境となってます。

すべてのティーチャーが言う言葉
「You can do it!」
「English is simple.」
「English easy~!easy~!」
「OK!I can do it!」と返事する単純な私がいたりする・・・。